[PR] sip 観戦記録
01 Category | ジュビロ磐田
--/-- スポンサーサイト
08/15 第19節 神戸×磐田/4-0
07/25 吉彰ぃぃ!!
07/01 ヨシアキ オレ!
05/30 ジュビロニュース
04/22 7節/G大阪×磐田/5-2
02 Archives
03 RecentComments
04 RecentTrackbacks
05 Links
06 Profile

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit

2007.08.15 Wed

行ける試合は多少無理してでも(時間的にも、お金的にも、体力的にも)行くってのが私のモットーで、ましてなかなかこっちにこないから、
今年度は二度しかないチャンスを逃すわけにはいかなかったわけで、もちろん行きましたよ。勝利を信じて。

えーっと、正直振り返りたくもないです。

開始前からね、わんこの動きが気になったのよ。
以前までっていってもずいぶん昔に見ただけだから、どんな風にアップしてたかなんて忘れるんだけど
なんか調子悪そうだなぁと思ったの。
あんなちんたら走って調整してたかなぁ?って感じたのね。

試合が始まって、何度か頑張って粘っていい守備してるシーンもあったんだけど。
以前ならもっと必死に走ってたよね?ってところもきっちりいけてないし
やっぱり守備ちゃんとつけてないし。
コータは合宿で見たときから変化ないんよ。
バックパス、横パスばっかり…。
前にしかけていこうとしないし、前の選手もスペース作るために走ろうとしないのね。
連係うんぬんの問題よりも、もう気持ちの問題だと思う。

正直さ、見てて勝とう、勝ちたいって気持ちがまったく見えなかったのね。

それはもう開始から、ホイッスルがなった瞬間からよしよってやろうみたいな気持ちが見えなかった。
まぁこれは結果論かもしれないけど、少なからず私にはそう見えたわけで。
っていうかさ、以前なら吉彰もっと走ってたと思うんだよね。
走れたと思うんだよね、たぶん今でも走れると思うんだけど、
やっぱりポジションの問題なんだよね。
スリートップっていうよりも、リョーイチ、吉彰のツートップ気味な感じでさ。
もっと後ろからガツガツ走ってもいいと思うんだけど
っていうかそういう使い方をするから彼がいきる部分もあると思うんだけど
なんでなんだろ、どうしてFWもう一人いれないのかな。
前リョ、カレンじゃ駄目な理由はなんなんだろう。
西くんはやっぱり細いからかなぁ、フィジカル弱いんだよね。
選手にあたられるとボールとられちゃうこと多いんだよ。まだ実践に慣れてないのかなぁ。

後ろはさ、ちゃーさん、大井くん、いぬ、コータだったんだけどさ。
マコが累積の関係で、秀人さんはベンチにいたんだけど怪我なのかな?
とにかく守備が不安だったんだけど、がら空きってかマークすらまともについてないのね。
あとパラナさん、前半戦よりマッチしたかなー?とも思ったんだけど
あの人も守備できないのね…。
なんかさ、もうここまでボロボロにやられるぐらいなら岡田くんとか使ってあげてくれないかな。
正直さ、毎度毎度同じメンバーで進化のない試合を見せられるのはもーうんざりだよ。
後半から村井さんはいって、ちょっと攻める気になったのかなー?ってシーンもあったけど上手くいかなくて。
何度も何度もいい機会あったんだけど得点には結びつかなかったね。
吉彰がさ、ほんと前半に彼らしさってのがなくてさ。
またかぁ、って思ったよさをつぶされてるっていうよりは、彼自身がなんか思うように動けないって感じで(やっぱり、悩んでるみたいに思うんだよね。)
でも後半、時間なくなって何度か攻めるチャンスがあったときにちょっとドキドキした。
あ、吉彰だって思うシーンがちょっとあったよ。

彼らしさを大事にしてほしいと思う。
つぶさないでほしい、それが吉彰のいいところで、最大の武器だから。
私は、それをアジウソンにわかってほしくて仕方がないよ。

加賀さんも、なんかもっとできるのにな?って思うシーンがしばしば。
ほんとこの日はなんかみんな重いんだよ。
一点でも返さなきゃって思ってるのはわかる人はわかるんだけど、なんでだろその気すら見えないっていうか焦りすぎで周りが見えなくなってるっていうか。

これも何度か言ってることだけどさ。
勝つ気がないなら、勝つ気がある選手だしてあげてよ。やる気のある選手だけでいいよ。
ファブのレッドはゴール裏から見たらさっぱりわからなかったんだけど、もうしゃぁないってか。
あれはレッド以外の何ものでもないよね。神戸の選手ごめんなさい。
でもね審判、吉彰後ろから思いっきり足いかれてるのにとってくれなかったり
いぬが走るのとまるぐらい、明らかにライン割ってるボールも続行だからね…。
いやもうそんなちっちゃなことどーでもいいといえばいいんだけどさ…。
ジュビロが弱いのわかってるよ。
ぶっちゃけ今のままでいけるとか思ってないよ。今までだってラッキーで勝った試合多かったでしょ。
わかってるよ、知ってるよ。

だけど、勝ちたいって気持ちだけは持っててよ。
中盤と前の連係が上手くいってなかったとしても、DFがザルでも、最後まで諦めずに走るって気持ちだけは捨てないでよ。
プロのサッカー選手でしょ。
ジュビロのユニフォーム着て、ピッチにたってるんでしょ。
サポの気持ち、ベンチの選手の、その他ジュビロにかかわる人の気持ち全部全部背負ってるんだよ。

情けなくて仕方がない。

選手がさゴール裏に挨拶にきたあと、罵声だったのね。
私もしっかりしろよ。とか声出してた人だけど、一部の人は拍手してた。

選手を鼓舞するのは確かにサポの役目だよ。
けなすんじゃなくて、励ますのも支えてあげるのも確かに大事だと思う。
だけど、あの試合でいいの?
試合にでてればそれでいいの?90分そこにいればそれでいいの?
なんか、サポも黙ってちゃいけんと思うよ。
選手がそりゃ一番わかってることだと思うけど、それは私にもわかるけど。
だけど改めて厳しい言葉を口にして伝わることってあるんじゃないかな。
いつまでも、いつでも優しいサポじゃ駄目なんじゃないかな。

出場してた選手が帰っていった後にさ、一番にゴンちゃんが走ってきて
カレンと船谷くんもきて、頭下げて帰ったのね。
ゴンちゃんほんとにほんとに申し訳なさそうな顔して頭下げて、帰っていくの。

そんな顔させていいの?
私はゴンちゃんのあんな顔見たくなかったよ。
あんな風に頭下げてほしくなかったよ。

ほんと泣きたいを通り越して怒りになった、情けなくてしょうがなかった。

好きだから勝ってほしいんだよ。
好きだから楽しくサッカーしてほしいんだよ。

最近のジュビロのみんなさ、楽しんでサッカーしてるのかな。
オールスター見ててさ、一番原点を忘れてるんじゃないかなって思った。
楽しくないサッカーしててもさ、義務でサッカーしててもさ(そりゃそれでお金もらってるんだから多少は仕方のないことなのかもしれないけど)
その気持ちを忘れて、サポを惹きつけるようなサッカーってできないと思うよ。

01:52 | ジュビロ磐田 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.07.25 Wed

サカダイで見た記事。

「国際大会とか経験したこともないし、試合の入り方とか勉強になりますね。 試合に出ることが一番の経験になるんだろうけど 出られなくても経験できている部分はあるので。一生懸命ちゃんと見てます。」
太田吉彰は、試合に出られない悔しさをにじませつつ、充実した日々について語ってくれた。 そして数々の刺激のなかでのひとつを披露。
「つまらないイージーミスをすると、タカさんに怒られる。別に凹みませんよ。 タカさんはもちろん、中山さんも、名波さんも、俊哉さんも、フクさんも みんなイージーミスには厳しかった。」
チームによってはミスしてもあとで注意される程度で終わることもあるが磐田ではその場で怒鳴られたという。
「それが昔強かったジュビロの姿だし、久々にそういうのを聞いて、すっきりしました(笑) 最近の磐田ではそういうのが少なくなっているので、久しぶりにいい思いをしている。 磐田に戻ったら、そういう姿勢をもっと出していきたいですね。」
たとえ試合に出られなくても、この日々を無駄にはしない。太田の貪欲な姿勢を感じた。


ほんとほんとほんとに大好きだよ。また磐田のことで泣いちゃうじゃないか。

15:51 | ジュビロ磐田 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.07.01 Sun

☆太田がサプライズ選出★ 日本サッカー協会は30日、3連覇を狙うアジアカップ(7日開幕)の日本代表メンバー23名を発表し、MF中村俊(セルティック)らとともに、無尽蔵のスタミナを誇る磐田MF太田吉彰(24)が選出された。 太田は家路に就いたところで吉報を知り「オフの予定を立てているところに(選出の)電話があった」と驚いた様子だった。朗報を聞いた太田は、クラブを通じて「アジアカップの最終メンバーに選ばれ大変にうれしく思います」と喜びを語った。 この日の浦和戦でも、90分間休まず走り続けた。1人少ない厳しい状況にも関わらず、果敢なドリブルで相手守備陣を切り裂き、右に左に、あらゆるシーンに顔を出した。昨季まで各年代を通じて代表経験はなかった。それが今季は日本代表候補合宿に
3度招集された。「たくさんの課題が見えた」と話す一方で「走りは通用する」と手応えも感じていた。J屈指のスピードと運動量が、最後に代表常連のG大阪MF家長、名古屋MF本田らを押しのけた。 「夏のデーゲームの方がボクに合っている。ボールを触って動いていた方が疲れない」と太田本人が豪語するスタミナは、フィジカルトレでも証明されている。インターバル走は常にトップを走り、今季始動直後に行った心肺機能の能力を試す「ヨーヨーテスト」でもチームで断トツだった。アジア杯のグループリーグの会場となるベトナムのハノイは、2005年アジアチャンピオンズリーグのホアン・アイン・ジャライ戦で経験済み。「暑かったけど(運動量で勝負する)自分にとっては最高の場所。代表でもう一度行けるのはうれし
いし、思い切りぶつかってくる」。 本職は右サイド。今季は慣れないFWでプレーしながらも2得点6アシストと好調を維持している。Jリーグデビューは3年目の2004年だが、初先発した同年の新潟戦で得点を挙げるなど、勢いに乗ったら手がつけられない「祭り男」の異名も持つ。GK川口と食事をともにする機会が多く、メンタル面を学んだ太田が、代表デビュー戦で旋風を巻き起こす。

21:20 | ジュビロ磐田 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.05.30 Wed

6月末で磐田との契約が切れるMF菊地直哉(22)が海外移籍を希望していることが明らかになった。磐田側は契約延長のオファーを出しているが、本人の意向を尊重して移籍を容認する方向で、将来の磐田復帰の道を残すために契約延長した上でのレンタル移籍を菊地側に打診している。なお、現在は菊地の代理人が欧州の情報を確認している段階のため、海外クラブや磐田との交渉は進展しておらず、結論が出るまでには時間がかかると報じられている。

09:45 | ジュビロ磐田 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.04.22 Sun

得点:村井、村井

今年初の試合はあいにくの雨で、でも試合が始まる前からやみかけてた。同じ関西でも行くのに約二時間。せっかくの休みに、お金払ってみる価値のある試合じゃとてもじゃないけどなかった。

アップのとき気付いたのは、川口さんが疲れ気味の気がした。
なんかどーも、だるそうででもよく考えると全体的に空気が重かった。

前半、もう言葉にもならん。
マークはつかない、ミスが多い、パスはつながらない、繋ごうとしても人がいない、プレッシャーにいかない、フィールドプレーヤーで唯一動いていたのが秀人さん。
何度も何度も秀人さんに助けられて、ヨシカツの好セーブも見た。
ばらばらになってくジュビロを目の前で見て、前半14分二失点目
泣きそうになった。最近、ちっとも試合を見れてなくて状況もわかんなくて
柏戦でほんとにバラバラのジュビロを見ていたから覚悟はしてたつもり。
だけどその覚悟は全然たりなかった。
去年のジュビロと違うことはわかっていた、だけどだけど気持ちまでバラバラすぎて、勝つ気っていうのがちっとも見えなくて悔しくて、悲しくて、何を信じて応援すればいいのかわかんなくなった。
そんな中でも必死に必死に走る秀人さんには頭があがんない。
三点の失点はあんな状態じゃ当然で、むしろもっと入らなかったのが不思議だった。
大井君は以前のイメージよりずっとしっかりしたDFになってたかな。

後半、たてなおそうという気持ちは見えた。ボールが以前よりは繋がるようになって、攻める形っていうのが少しずつ出てきて
なるがすごく頑張ってるのもわかったんだけど、はじめのほう何せ前に出そうとしないのね。横パスや後ろに流してばっかりで、前の人は動かないからマークはずれるわけないし、そのうちプレッシャーかけられてとられる、の繰り返し。動かなきゃマークはずれるわけないのにさ。
んでちょっとマシになってさ攻撃の形つくって責めてるときにもやっぱりもったいないミスが多い。
あと、パラナさん、今日しっかり見たつもりなんだけどさ、あの人どうよ。まだ時間かかるのはわかるけど、なんであれだけフリーになってもシュートにいかないの。何度も、何度もそのシーンがあったのね。正直、むかついたよ。あの場面で、なんでいかないの?!って、加賀さんも自分で上がってくれていいのに、って思うところあったけど、カウンターでもかまわないからもっと早く攻撃しかければリズム作れるんじゃないかって思うところもたくさんあったよ。
なる、後半のほうはよかったよ。ボールにむかっていくっていう気持ちが見えたし、やらなきゃならん、って思ってるんだなって感じた。

で村井さんが二得点してくれたわけですが。何よりうれしかったのは村井さんがピッチで元気に走ってること。そしてその成果を挙げてくれたこと。今日はこれだけだね、うれしかったこと。

期待の吉彰くんはまったく仕事をさせてもらえず。というか吉彰をあの位置で使おうとすることがねー。二列目で使ってほしいんだよ。そりゃ人がいないのはわかるんだけどさ。
後半ボールがわたって、前ならここでもっと仕掛けていったのに!って思うところがあってさ、なんだか怖がってるんじゃないかと思う。
自分のプレーに自信がないのかな。
どんな状況でも前を向く、吉彰が見たかった。それを見に行った私としてはほんとうに残念。
加賀さんは素敵なプレーもあったね。ボールをとられたら取り返す、これすごく大事なことだったよ。

なんかほんとに、どうしていいのかわかんなかった。はじめはバラバラなジュビロに泣きそうになったけど、後半もうため息の声しかでなかった。
前を向かなきゃと思ったけど、ロスタイム、声がでなかった、試合をまっすぐ見れなかった。こんなバラバラなジュビロを見たいわけじゃないのに。
最後、村井さんコールでさ。村井さん去っていく時もこっちを向いて頭下げてくれたんだけどさ、それはほんとにうれしかったけど。
でもサポ優しいよ。優しすぎるよ。
あの前半を見せられて、あれだけじゃいけないと思う。
そりゃ叱咤しすぎてもいいことないし、私も戦っている選手の背中を押してあげるのがゴール裏の声援の役目だと思うけど
一番駄目なところをわかってるのは選手だとおもうよ、だけど
だけど、あそこでさ、それだけじゃ駄目だと思うよ。

思わずあたしは、しっかりしろよ!なんて言っちゃったけどさ。
下向くな、前向けよ とか私の心にはすっごく重かった。
ちゃんと何かを言わなきゃ、自分の気持ち伝えなきゃ、ほんとちっとも溝は埋まっていかない気がする。

今日はじめて聞いたんだけど
『心燃やせ、声をあげろ、すべては磐田のために』ってのがすごく気に入りました。
村井さんのは歌いたくてもリズムがよくわかんなくて歌いにくいね…。

23:56 | ジュビロ磐田 | edit | trackback(0) | comment(5)

01 Categories 02 Archives
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。