[PR] sip 観戦記録
02 Archive | 2007/07
--/-- スポンサーサイト
07/30 U22遠征メンバー
07/26 代表/サウジvs日本/3-2
07/25 吉彰ぃぃ!!
07/21 日本代表vsオーストラリア/1-1/PK勝ち
07/16 日本代表×ベトナム/4-1
07/14 日本×UAE/3-1
07/09 日本代表戦vsカタール
07/01 ヨシアキ オレ!
01 Categories
03 RecentComments
04 RecentTrackbacks
05 Links
06 Profile

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit

2007.07.30 Mon

西川周作(大分)武田洋平(清水)
【DF】一柳夢吾(東京V)千葉和彦(新潟)河本裕之(神戸)田中裕介(横浜FM)福元洋平(大分)安田理大(G大阪)
【MF】菅沼実(柏)増田誓志(鹿島)谷口博之(川崎)上田康太(磐田)枝村匠馬(清水)梅崎司(大分)青山隼(名古屋)
【FW】平山相太(FC東京)カレン・ロバート(磐田)李忠成(柏)岡崎慎司(清水)森島康仁(C大阪)

昨日、合宿最終日の練習見てきたんでレポートはまた後ほど。
とりあえずコータ、カレンは残ったね。
スポンサーサイト

10:52 | 日本代表 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.07.26 Thu

前半立ち上がりはよかったね。パス回しも連係的にもよかったと思うし。
立ち上がりは加地さんがすごい攻めに守りにと素敵なプレーがあった。
んでボール維持しながらもどんどんサウジペースになってきて
日本はほんと油断てかさパスミスが多いしひどいんだよね
今回に限らず結構常にね
今日は守りに走らされてる分だけDFのスタミナが心配だったんだけど、それにしても守れてなさすぎるよ…。今日は阿部ちゃんがやけにあがるなーと思ったら後いないし!いてもバランスとれてないし。あんまり皆守備にきっちりの人じゃないんだよね…それもよくないのかな
でも1点とられたあとに中沢さんが得点!

後半はね…立ち上がりあぶないなぁと思ってたけどほんとオイ…だよ。しっかりしにゃ…。
んでサウジのいらんこたぁするもんじゃねーなと思ったら阿部ちゃん得点…!!いいタイミングでかえしてくれた。てか得点いれてるのがDFて…いれられた分かえしにいってるのね。
3点目いれられた後の阿部ちゃんのボール取る姿は…素敵やった。
ただ失点が守備の甘さが気になります。
今日は全体的に駒野の動きが悪い。前回はよかったのになぁ。バックパスばっかりだし攻めても仕事しきれてない
んで加地さんは出たしはなかなかかな~と思ったら時間がたつにつれて…中にもっといれればいいのにさ。
んでタカ、フィニッシュが今日はどーもよくないね。貰える形がよくないのかな…疲れてる感じもものっそいしますが。
ケータは後半から動きが活発になってきていい動きしてるなぁておもわされるとこ多かったよ。
あと遠藤もなんかパッとしなかった。巻はごめん…何した??
あんだけ高原つかれてんだからもーちょいどーにか動こうよ。
今からでいいから家長よべ…!!んでドリブラーいれて。
常に綺麗なパスサッカーなんかいらんから俊輔とか憲剛はしっかりミドルもうて。毎回サイドにながれるな。
全体的にパスミスいい加減減らせ
川口さん油断はしないでね。
FWは得点できなんこと恥ずかしく思って。
中盤から後ほんとにバックパスとか横パスしすぎ。前へいれてこ

日本には試合に変動ないときの積極さがなさすぎる
もっとがつがつ行け…!!

悔しい気持ち前面にだしてとにかく次に繋げてほしいです…

あたしはほんとに悔しいよ

00:53 | 日本代表 | edit | trackback(0) | comment(2)

2007.07.25 Wed

サカダイで見た記事。

「国際大会とか経験したこともないし、試合の入り方とか勉強になりますね。 試合に出ることが一番の経験になるんだろうけど 出られなくても経験できている部分はあるので。一生懸命ちゃんと見てます。」
太田吉彰は、試合に出られない悔しさをにじませつつ、充実した日々について語ってくれた。 そして数々の刺激のなかでのひとつを披露。
「つまらないイージーミスをすると、タカさんに怒られる。別に凹みませんよ。 タカさんはもちろん、中山さんも、名波さんも、俊哉さんも、フクさんも みんなイージーミスには厳しかった。」
チームによってはミスしてもあとで注意される程度で終わることもあるが磐田ではその場で怒鳴られたという。
「それが昔強かったジュビロの姿だし、久々にそういうのを聞いて、すっきりしました(笑) 最近の磐田ではそういうのが少なくなっているので、久しぶりにいい思いをしている。 磐田に戻ったら、そういう姿勢をもっと出していきたいですね。」
たとえ試合に出られなくても、この日々を無駄にはしない。太田の貪欲な姿勢を感じた。


ほんとほんとほんとに大好きだよ。また磐田のことで泣いちゃうじゃないか。

15:51 | ジュビロ磐田 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.07.21 Sat

今日はもうね試合うんぬんじゃなくてね。
いやもちろん、阿部ちゃんとか、ゆーじさんの素敵守備とか
びっくりするようなボール回しとか
上手い具合に繋がったパスとか
川口さんの神セーブとか
高原のゴールとか、ほんとにほんとにうれしいことはいっぱいいっぱいあって
久しぶりにサッカー全部見て、面白かった!っていえる試合だったんだけどね。
何が駄目とか、何がいいとかじゃなくて
今回はほんと勝つ事に大きな大きな意味があったから、
一年前のあの試合を思い出して
一年前テレビの前で見てた悔し涙を思い出して

今日はめいっぱいうれし涙を流しました。
オーストラリアが調子わるいとしても、気候になれてないとしても
日本、よくなったね。
ちゃんと、気持ち繋がってたね。
ほんと一人、一人の気持ちがちゃんとちゃんと見えて、
どうしても勝たなきゃなんないって気持ちが痛いぐらい伝わって
あたしはやっぱりサッカーが好きだって、
日本がすきだって心底思わせてもらいました。

勝ててよかった。
おめでとう、お疲れ様。

まだ先はあるけど、でも本当にこの勝ちはうれしい。

22:36 | 日本代表 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.07.16 Mon

前半すぐの失点みた瞬間にどうしてやろうかと思ったけど、結果は4点
気持ちの切り替えがちゃんとできてよかったと思う。
ベトナムが思ったより綺麗なパス回ししててあとドリブルが早くてDFが心配だったんだけど阿部ちゃんが頑張ってたねぇ!
あとやっと報われた巻
アジアカップがはじまって頑張ってるのはわかってたけどやっぱり結果がでてなかったから今回の2ゴールは報われた感があるねぇ。

後半、吉彰をまってたんだけどやっぱり水野…
彼は上手いけどさ、ほんとドリブルでがつがついくタイプなのに大人な対応してさ時間いっぱい使ってボール回しするし、いい動きするんだけどさ。やっぱり吉彰を試してほしかったなぁ

はにゅ~さんはこの3試合のなかで一番悪かったね。ミスが目立ってたし。中二日で選手ほんとに頑張ったたよ。

ひとまずお疲れ様。可能性がうすくても今後もやっぱりベンチにいる限りは吉彰がでてくれるか期待してみちゃうよ。

21:27 | 日本代表 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.07.14 Sat

前半
目立ったのは高原の動きのよさ。試合をますたびにほんとにほんとにタカの凄さを思い知らされる気がする。
あと全体的にも動きが流れて面白いと思った。
あとそんなにファールほしいんか?!てぐらいのUAEの動き。
選手の怪我がかなり心配。
後半
なんだろーね、終わりに近づくにつれてどんどんおもしろくなくなってきてさ…集中力きれてるのもわかるけどさ。
前半みたいな面白いサッカーもなくなってたし。
なんなんだろーねぇ。わかんないけどさぁ

吉彰の代表ユニの姿みて普通に喜んでしまったよ。今回でてくれるのかなぁ。

00:41 | 日本代表 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.07.09 Mon

こんなこと毎度毎度いいたかないんだけどさ。
やっと見れたサッカーが面白くないと凹むよね。

何が収穫かっていうと、あんな高原の得点シーンはっていうか、あんななんだか歯に何かつまったような、すっきりしない得点シーンはたぶんなかなかないよねってことで。

22:39 | 日本代表 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.07.01 Sun

☆太田がサプライズ選出★ 日本サッカー協会は30日、3連覇を狙うアジアカップ(7日開幕)の日本代表メンバー23名を発表し、MF中村俊(セルティック)らとともに、無尽蔵のスタミナを誇る磐田MF太田吉彰(24)が選出された。 太田は家路に就いたところで吉報を知り「オフの予定を立てているところに(選出の)電話があった」と驚いた様子だった。朗報を聞いた太田は、クラブを通じて「アジアカップの最終メンバーに選ばれ大変にうれしく思います」と喜びを語った。 この日の浦和戦でも、90分間休まず走り続けた。1人少ない厳しい状況にも関わらず、果敢なドリブルで相手守備陣を切り裂き、右に左に、あらゆるシーンに顔を出した。昨季まで各年代を通じて代表経験はなかった。それが今季は日本代表候補合宿に
3度招集された。「たくさんの課題が見えた」と話す一方で「走りは通用する」と手応えも感じていた。J屈指のスピードと運動量が、最後に代表常連のG大阪MF家長、名古屋MF本田らを押しのけた。 「夏のデーゲームの方がボクに合っている。ボールを触って動いていた方が疲れない」と太田本人が豪語するスタミナは、フィジカルトレでも証明されている。インターバル走は常にトップを走り、今季始動直後に行った心肺機能の能力を試す「ヨーヨーテスト」でもチームで断トツだった。アジア杯のグループリーグの会場となるベトナムのハノイは、2005年アジアチャンピオンズリーグのホアン・アイン・ジャライ戦で経験済み。「暑かったけど(運動量で勝負する)自分にとっては最高の場所。代表でもう一度行けるのはうれし
いし、思い切りぶつかってくる」。 本職は右サイド。今季は慣れないFWでプレーしながらも2得点6アシストと好調を維持している。Jリーグデビューは3年目の2004年だが、初先発した同年の新潟戦で得点を挙げるなど、勢いに乗ったら手がつけられない「祭り男」の異名も持つ。GK川口と食事をともにする機会が多く、メンタル面を学んだ太田が、代表デビュー戦で旋風を巻き起こす。

21:20 | ジュビロ磐田 | edit | trackback(0) | comment(0)

01 Categories 02 Archives
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。